たちまちのイロハ

広島県東部の山奥に住み、農業・宿泊業・イベントの企画を行う会社の代表をやっているモノのたちまち(=とりあえず)の暮らしを綴ったブログ。

クラウドファンディングを「楽してお金集める方法」と思っている愚か者へ

ここ最近、お金にまつわるサービスや出来事が急増していますよね。

ベンチャーキャピタル(VC)やエンジェル投資家の登場によるチャレンジの幅の広がり

・仮想通貨の登場による、お金の価値の変化

クラウドファンディング(以下、CF)の登場による応援の仕方の変化

など

 

本当に出資・投資関連やフィンテック周りが大きく動き回っています。

僕の周りの友人もpolcaを利用して旅をしたり、CFで資金を募って新規事業を立ち上げたり、VALUでお金と人脈を作り上げたり

お金にまつわるイロハはここ数年でありえない変化を遂げていると思います。

お金が理由でチャレンジができないでいる人に、必要なお金がどんどん届けばいいなと思います。

 

僕も昨年、CFに挑戦しました。

おかげさまで、150名以上にご支援いただき、218万円の資金を調達することができました。

その節は、多くの方々にお世話になりました。

本当にありがとうございます。

 

そんなクラウドファンディング中に言われたことがあります。

「なに人の金でプロジェクトやってんの?」

「楽してお金集めてんの?」

「どうせ達成できないだろうw」

↑上みたいなことを結構言われました。

 

そこの評価に捉われていては、成し遂げないといけないプロジェクトを成し遂げられなくなってしまうので

愛想笑いの完全無視を決め込ませていただきました。

 

で、達成して以降の変化がこうです。

「やりたいことがあったらCFで楽にお金集めればいいんですね!」

「方法を教えてください!!」

「お金が簡単に集められる時代なんですね!やってみたいです!」

 

世の中の手のひら返しがすごいのなんの。

これが僕の周りに起きたことです。

 

で、SNSを見渡してみると、同じように

「他人の金でなにやってんだ!」とか

「楽してお金集めてんじゃねーよ!」とかの

完全に不毛な否定意見が散見されています。

 

一言言わせていただきます。

 

クラウドファンディングでお金集めるの楽じゃねーからな」

 

これに尽きます。

 

なんで楽じゃないのか?

理由は以下の通りです。

1:CFのプロジェクトリーダーの信用を担保にする。

2:プロジェクトの未来をわかりやすく共有するための伝え方のデザイン

3:支援者に喜んでくれるためのリターン(お返し)の準備

4:とことん営業

 

(1)「CFのプロジェクトリーダーの信用を担保にする。」

 CFのプロジェクトをするといっても、プロジェクトが実現されないと支援した人は「は?なにやってんだよ、コイツ」と当然思うわけです。

なんの為に応援・支援したのか意味わからないですもん。

だから、やるといったことはキッチリやらないといけないのです。

だからこそ、「あ、この人は本当にやるんだな」という信用を担保にして、CFに取り組まないといけないのです。

結構プレッシャーあります。

きっと、やることの規模(=必要資金調達金額)が大きければ大きい人ほど。

多くの人が見守り人になっているわけなので。

 その人の評価や信用というのがまず直結していきます。

 

約束を守らない人に次のチャンスはないのと同じです。

 

(2)プロジェクトの未来をわかりやすく共有するために伝え方のデザイン

どんなに小さなプロジェクトでも、ちょっと笑ってしまう馬鹿げた企画でも

その プロジェクトに人々が「共感」しなければ、応援の声は集まらないのです。

その企画が利他的か利己的かに関わらず、「共感」を呼ばないプロジェクトは応援されない。

※どちらかと言えば、利他的(社会性がある)な企画ほど支援が集まってる気がしますが

 だからこそ、写真であったり、映像であったり、文章であったり、わかりやすく「それいいじゃん」と思ってもらうようにデザインをしていかないといけないのです。

これには時間がかかります。(僕がそういうの苦手なだけかもしれませんが)

時間をじっくりかけて、プロジェクトと向き合い、言語化していき、ようやくひとつのCFのプロジェクトができあがるのです。

そこに本気度がなければ、正直、お金集まらないんじゃないですか?

 

(3)支援者に喜んでもらうためのリターン(お返し)の準備

クラウドファンディングって、支援してくれた方にリターン、つまりお返しをするのが一般的です。

でも、ここでただ「お返し」をするのではなく、「喜んでもらえるお返し」でないと意味がないのです。

これ、普通の商売と同じです。買って嫌なものが売れるわけがありません。

どういった人にどんなリターンが喜んでもらえるのかを、支援してくれる人の顔も想像して、作り上げていくのです。

その準備も、たくさんの人を巻き込むことになるので、お願いに走り回ったり、調整したりする必要があります。

 自分だけで完結するリターンを用意できる人はあまりいないと思いますし、むしろ、自分だけでリターンを完結できる人はリスペクトです。

 

(4)とことん営業

CFの相談に来る人が勘違いしてるのは「待ってたらお金が集まって来る」という点です。

 

集まってこねーから!マジで

 

はい、本当に待ってるだけでは集まってきません。

CFのサイトにプロジェクトを掲載したところで数百とあるプロジェクトを見ても

正直「誰だ、お前」状態です。

だから、やらなければいけないのが、「営業」です

直接会ってお願いをしたりしました。

渋谷のスクランブル交差点の真ん前でCFのプロジェクトの看板を作ったのを持って宣伝活動してました(超恥ずかしかった)

ここまで動いて、ようやく集まりました。

知人も多くCFにチャレンジしていますが、ほとんどの人が圧倒的に営業をし続けています。

なんなら、その人の時給を考えると、普通に働いた方がいいんじゃないか?って人もやっています。

不毛だと思いますか?

なぜ、ここまで動くかというと、お金を超えてプロジェクトを心から応援してくれる人たちと出会いたいからです。

CFにお金を出してくれる人は、そのプロジェクトを見守ってくれる人たちです。

そんな人たちを増やしたいから、僕たちは走りまくったのです。

 

以上の4点が、まぁ大変な点かなと思います。

で、生半可でやりたいと言った人は、ほとんどCFさえ挑戦しないという結果になってる気もしてます。

どれだけそのプロジェクトに思いがあるかも重要ですね。

 

さいごに

CFでお金を集めるのは楽ではありません。

楽ではありませんが、本気でやればすごく楽しい時間を過ごすことができます。

知人・友人だけではなく、見知らぬ人たちが応援してくれて、見守ってくれて

「頑張れよ!」と言ってくれるのです。

これまで、孤独に頑張り続けていた挑戦者たちにとって、これ以上嬉しいことはないと思います。

 

これから、どんどんお金の流れは大きく変化を遂げていくと思います。

小さいものから大きなもの、くだらないものから崇高なものまで

たくさんの挑戦が「応援」されやすい世の中になればいいなと思います。