たちまちのイロハ

広島県東部の山奥に住み、農業・宿泊業・イベントの企画を行う会社の代表をやっているモノのたちまち(=とりあえず)の暮らしを綴ったブログ。

社会の不条理を変える"共犯者"のいる世界。

難民、貧困、差別、労働問題、フードロス、過疎地、etc

今の日本社会、いや、世界には様々な課題がうごめていている。

 

一見しただけでは、それが課題ともわからず

素通りしてしまう。

 

自分には関係ないからと

なんの得にもならないからと

何事もなかったかのように、自分の日常に戻る人がほとんどだ。

特に気にしなくても、自分を中心にした世界自体は回り続けるのだから。

続きを読む

「ご飯、しっかり食べてるかい?」

僕は2年もの間。

1日3食のうちのほとんどを

朝ー食べない

昼ーうどん

夜ーゼリー

という生活を続けたことがある。

バイトしてたから、お金がなかったわけじゃない

摂食障害というわけでもない。

好き嫌いが激しかったからじゃない。

クローン病という病気を発症したからだ。

クローン病についてはこちらをご覧ください

難病情報センター | クローン病(指定難病96)

 

何を食べればいいかわからなかった。

医者からは

「一番の療法は食事だよ」

「脂質やアルコールやカフェインの刺激物、あと食物繊維はNGに近い」

と言われ、なにを食えばいいのかわからなくなった。

この病気は体調がよければ、脂質やアルコールを摂取しても問題ない。

だが、それらを口にすることで

いつ再発するかわからない恐怖と戦っていた。

 

飲み会にもいけない

友人が食べている食べ物が食べれない。

 

一緒にご飯を食べることができない。

 

苦痛だった。

 

そこからは地獄だ。

少し体を動かせば全力ダッシュをしたあとのような疲労感と

夜も寝られない恐怖感が襲って来た。

周囲には悟られぬように、なるべく笑顔で振舞って

活動を必死におこなった。

そんな日々が2年近く続いた。

 

ある日、病院の先生から

「体調がかなりいいし、病状もないみたいだから、食事あんまり気にしなくていいよ」

 

先生からそう言われた後、ラーメンを食べにいった。

東京の都立大学駅近くのラーメン屋。

美味かった。

帰り道、少し泣いた。

 

その後、友人と焼肉を食べにいった、職場の上司が飲みに誘ってくれた。

どの時間もすごく楽しかった。

リラックスしてご飯を食べるということが

こんなにも素敵なことだなんて思わなかった。

 

この時から僕の食に関する価値観が変わった。

 

食はただただ腹を満たすためだけのものではなく

好きな人との時間と自分の心を満たすものでもあると。

 

 

みなさんは、ちゃんとご飯食べてますか?

 

心許せる人とご飯を食べていますか?

 

その時間が窮屈に感じていませんか?

 

そのご飯を食べる時間は笑えていますか?

 

誰かと一緒に食事をするときは、なぜだか楽しいですよね。

誰かとおしゃれなレストランに行くのもいいでしょう。

好きな人のために得意料理を振る舞うのもいいでしょう。

雑多な居酒屋で酒を飲み、笑い泣きするのもいいでしょう。

その時間はとても輝かしく、思い出になると思います。

なんともない日常かもしれませんが、とても特別なものです。

その時間を大切に、これからも続けてくれたらいいなと思います。

 

食事の時間が、みなさんの少しでも安らぎになりますように。

 

「ご飯、しっかり食べてるかい?」

 

◆◇◆◇本日のアイテム◆◇◆◇

      

 

 

 

 

 

 

 

世界を救う人たちが集う宿屋っぽい場所

小さい頃から宿屋の主人が好きだった。

もちろん漫画やアニメ、ゲームの主人公も好きだ。

それ以上にその作品に出てくる宿屋の主人がすごく好きだった。

疲れ切った主人公たちに酒と飯と寝床を提供することを生業とし

主人公たちはそこで旅の用意をする。

それがかっこいいと小さい頃から思ってた。

 

突然泊まりに来た一行がじっくり休んで

次の旅の準備をお手伝いして

旅に出て行く姿を見送って

数ヶ月すると彼らは世界を救っているのだ。

たまたま泊まりに来たメンバーが社会を変えて行くのだ。

その変えて行くワンシーンに立ち会い

さらにサポートすることができる。

そんな仕事最高じゃないか。

 

ドラクエルイーダの酒場

ナルトの一楽ワンピースの酒場

ポケモンポケモンセンター

それぞれの場所は物語において目立ちはしないが

重要な役割を担っている。

社会を変えて行くのは全員じゃなくていい。

少なくとも僕は、社会を変えて行く人が頑張っていく姿を応援して

羽休めをする場を作って

一緒に酒を飲みたい。

 

◇◆◇本日のアイテム◆◇◆

           

 

RPGの勇者だって宿屋で休むんだから、あなたも休みなよ

都会でも田舎でも暮らしていくと

理不尽・大変なことがたくさんあって

逃げ出したくなって

けど、どこに逃げ出していいかはわかんなくなってことはあると思う。

そんときは

都会はカラオケに行って

田舎は山にでも向かって、叫べばいいと思うだよね

「なめんじゃねーぞ、このヤロー」ってな感じで

いいじゃん、ロックだぞ、それ

 

そして、社会があなたに対して厳しくあたってきても

立ち向かって行くあなたはとてもかっこいいよ。

勇者だよ。

だからこそ、ここで倒れちゃいけない人なんだよ。

RPGの主人公だって、宿で休息とって魔王との決戦に向かって行くのだから、

ここらで酒でも一緒に飲まないか?

 

なに、明日からまた戦えばいいさ

 

◆◇◆本日のアイテム◇◆◇

     

本当に死ぬほど頑張る必要はないと思うんだよね。

みんな、本当に頑張ってる人が多い。

家族のため、会社のため、社会のため

その姿はすごくカッコよくて、輝いてる。

けど、たまに不安になる。

「誰」かのために頑張ってるけど

「自分」の体や心は大丈夫?

しんどくない?

他者のために頑張りすぎてない。

知らないうちに、自分を犠牲にしすぎてない?

 

自分がダメになりそうだったら

一旦休んでいいだよ。

それからでも、また明日から頑張れるはずだよ。

 

辛いとか

しんどかったら

田舎に遊びにおいでよ

酒とうまい飯と話を聞く俺なら用意できますので

一生懸命で倒れる前に

しっかり休む時間もとるんやで

それに、みんな十二分に頑張ってる。

紐を思いっきり引っ張って、ピンッと張り詰めてる感じ。

けど、たまには緩めんさいよ。

紐切れたら、直すの大変やで

 

羽を休める場所は用意しておくからね。

クラウドファンディングに挑戦するということ

クラウドファンディングが残り14日になったくらいから
妙にそわそわしてきたのを今でも覚えています。
僕がクラウドファンディングに挑戦したのは、自分自身のためというよりも藤原 仁智というやばいロックなおっちゃんがいたから、それを応援するためというものでした。
その応援を、僕以外の人たちにもしてもらいたい。
シトラスの谷という場所にたくさんの人に知ってもらいたいという一心で突っ走りました。

 

達成できないだろう、人の金でなにやってんだ

そんなことも言われました。
ですが、それよりも大きな応援の声が僕たちのもとに届きました。
毎日届く応援のメッセージ。
それは今でも思い出せばグッと来るものです。

 

こんなにもたくさんの人と柑橘畑を作っていけるんだと思うと
クラウドファンディングを達成した先にある未来にワクワクしました。

クラウドファンディングへの挑戦というのは、多くの支援者様とともに未来へ挑むことができるチャンスをいただけるものです。
支援者様が今でも見守ってくださっているおかげで、私たちも日々前進することができています。それがどれだけ、大きく温かく優しいものかと実感する毎日です。

 

そして、私が以前、所属させていただきバリバリにチャレンジングなことをさせていただいた
リディラバクラウドファンディングに挑戦をしています。
代表の安部 敏樹さんが先陣を切って、この社会の「知ってるようで知らない、知らなければいけないこと」に切りこもうとしています。

 

現在、849万円があつまり、支援者数、「400人」
すでに400人がこの企みに伴走しているのです。

 

ラスト1週間になろうとしています。
みなさんも共に、「大人の学校」の創設に携わってみませんか?

私も少額ではございますが、支援させていただきました。
福山のみなさま、ぜひ、リディラバのこれからの飛躍をお楽しみください。

 

readyfor.jp

ブログを作り直しました。

ブログ作り直したぜ!

 

改めてよろしくお願いしますだぜ!